診察のご予約・お問い合せは電話番号022-722-0321

お知らせ

イソジン(ポビドンヨード)によるうがいについて

イソジンによるうがいについて 2020年8月5日午前8時作成

 

私、平林先生から「イソジンはなるべく使わないでください」と言われている方が沢山いらっしゃると思います。まず基礎知識をお知りになりたい方はYAHOOニュース「ポビドンヨードによるうがいは新型コロナを改善させるは本当か?医師が解説」という記事がよくまとまっていますのでそちらをお読みください。

 

現時点での評価ですが、吉村大阪府知事の最新のツイートに「誤解なきよう申し上げると、うがい薬でコロナ予防効果が認められるものではありません。重症化を防ぐ効果の検証はこれからです」とある通りで、自分はやりませんし家族にも勧めませんし田舎の母にも「イソジンつかわないよーに。そんな閑あったら1日最低5回(起床時、毎食後、寝る前)歯磨きしてください」とさっきメールしたところです。

 

公表されているデータがあまりに少ないので悩ましいのですが、イソジンうがいした群とうがいをまったくしていない群で比較して唾液中のウイルス量が違うことはあり得ると思います。でも水によるうがいでも同じ効果があったかもしれませんし、上記のように歯磨きを頻回にやったほうがより効果があるようにも思います。また唾液中のウイルス量が減ったとしても、それが予防・治療にとって意味があることなのかどうかは分かりません。これが意味があることなのかどうかが判明するのは相当時間がかかると思います。

 

イソジンうがいの何が問題かということですが、単純に言うとイソジンによるうがいを数週間以上行うと甲状腺ホルモンを低下させる可能性があります。用法通りの量でも生じる可能性がありますが、低下するかどうかは個々人によって大きく異なります。影響が大きい人もいればまったくない人もいます。もちろん用法以上の量を使用することは絶対に好ましくありません。

 

以下症状別にお示しします。

 

●慢性甲状腺炎(橋本病)、甲状腺手術後などでチラーヂンSを内服している方

イソジンうがいを一定期間以上続けると甲状腺ホルモンが下がってちょっと太ったり浮腫んだり便秘気味になったり体が攣ったりする可能性があります。絶対にダメとは言いませんが水によるうがいと頻回の歯磨きをお勧めします。どうしてもイソジンを使いたい場合は使用開始1ヵ月後くらいしたら甲状腺ホルモンをチェックした方が安全です。

 

●バセドウ病でメルカゾールまたプロパジールを飲んでいる方

普段は甲状腺ホルモンを下げる治療をしているわけですが、それがさらに下がりすぎる可能性があります。下がりすぎるとやはりちょっと太ったり浮腫んだり・・・になります。絶対にダメとは言いませんが水によるうがいと頻回の歯磨きをお勧めします。どうしてもイソジンを使いたい場合は使用開始1ヵ月後くらいしたら甲状腺ホルモンをチェックした方が安全です。

 

●バセドウ病でヨウ化カリウムを飲んでいる方

ヨウ化カリウムの作用が増強されてやはり甲状腺ホルモンが下がりすぎる可能性があります。ヨウ化カリウムを飲んでいる方はイソジンは使わないで水によるうがいと頻回の歯磨きをお勧めします。

 

●不妊治療でチラーヂンSを飲んでいる方

甲状腺ホルモンを増やしたくてチラーヂンSを飲んでいるので、その効果が下がってしまいます。不妊治療中、とくに人工授精・体外受精が迫っている方はイソジンは使わないで水によるうがいと頻回の歯磨きをお勧めします。

 

●妊娠中、授乳中の方

妊娠中に甲状腺ホルモンが下がることは好ましくありません。またヨードは授乳中に濃縮されるので赤ちゃんへの影響がないかどうか分かりません。イソジンは使わないで水によるうがいと頻回の歯磨きをお勧めします。

 

このお知らせは新しい情報が入り次第随時告知なく改訂します。たまにチェックしてください。

 

基本的には、当院のような街中で駐車場もないようなクリニックに通院されている=日常生活が自立されている方は新型コロナウイルスで重症化する可能性は非常に低いと思っています。また最近「基礎疾患があると重症化すると言われていますが甲状腺の病気はその基礎疾患に入るのですか」という質問がありますが、入りません! 普通です。

 

以上よろしくお願い申し上げます。

診察時間(予約制)

診察時間

WEB予約

インターネットからのご予約は

WEB予約はこちら

お問合せ

お電話でのお問合せは

0227220321

PAGE TOP